自家製酵母のストレート法のHB利用の食パン

前回の自家製酵母と同じく、ストレート法の食パンを作りました。
前回のはこちら

自家製酵母をストレート法で食パンに♪ (2017.7.5)

今回、分量も調整したので、覚書として。
スポンサーサイト

楽器....

約2ヶ月近くどの楽器も。
ヴァイオリンはケースのまま。
クラリネットもケースのまま。
ピアノは蓋を閉じたまま。電子ピアノはカバーをかけたまま。

一番再開に問題がないのは電子ピアノ。ピアノはまずその部屋で練習しなかったからピアノの蓋を開けなかっただけでなく、旅支度などのバッグなどがおかれ、除湿、エアコンもなしで夏を(汗)

ヴァイオリンは最後に弾いた日に弓の毛をゆるめ、しまったまま。弦もだめになっている可能性が高い。

クラリネットも簡単な手入れをしたきり、最後に吹いた日からずっとケースに入れたまま。

クラリネットはまだ無料点検が受けられるから、簡単に手入れをしたら、楽器屋さんの点検に持ち込もう。

ヴァイオリンは今日これからケースから出してみる予定。ギター用の弦をきれいにするスプレーがあるので、あれをとりあえず使ってみよう。毛替えの時期も近づいている方の弓(弓は2本持っているので)を毛替えしようかなあ。

本当に全部少しずつ再開できるんだろうか。何も楽器に触らない日々が続き、生活を元に戻すのが難しそう。

まだ、納骨式とか終わっていないし、気持ちの整理はあまりついてない。この悲しいというわけでもなく、安心したような気持ちでぼーっとしている。パンや家事はあまり感情関係なしにできるんだけど。

こういうのが、何とかロスにあたるんだろうか。離れて住んでいたし、介護施設に移ってからも、たくさん会いに行けたわけでもないし、孝行できていたわけでもなく、もっともっと話すことはあったんじゃないか、とか、一度くらい父の日に感謝するとかしてあげてもよかったかな?と思ったり。
どちらもあまり相手にたくさんを望んだり、怒ったり、甘えたりというのがなく笑、なんとなく照れくさいような距離感のまま、割とそれでも仲の良い、気が合う父だった。

喪に服すとかそういうわけでもなく、なんとなく、死期が近づいてきた時期から楽器を触る気分になれず。そして亡くなった今も、なかなか楽器練習再開に踏み切れずに来てるけど、そろそろ、楽器の手入れをはじめてという感じに気持ちは進展しています。

頂き物のバレンシアオレンジから...

国産のバレンシアオレンジ。1箱頂きました。
3人家族なので消費は頑張りが必要です笑。

ジュースにして飲みました。レモン絞り器のような、半分に切ったオレンジをねじって絞るもので。

マーマレードを作りました。2回作った。ホームベーカリーのジャム作り機能利用で。確かに少しは楽ですが、皮をすべて千切りにして茹でを3回してから中身と煮詰めるという手間はあり、美味しかったけど大変でした笑。2回目はプチプチ感をつけようと思って干しいちじくを1個分刻んで入れました。味的にも深くなり、美味しかった。

自家製酵母起こしをしました。1回目は失敗。中身だけでやったので酵母として数が少なくて腐敗が勝ってしまった。2回目は皮も入れる形で、かつ、スターターとして白神こだま酵母ドライを1gくらい入れました(苦笑)。これは大正解で、活動的な酵母液になりました。砂糖も入れ、かなりいい感じになり、元種作りをすることにしました。

自家製酵母からの元種作りはこのレシピどおりでした。

Cpicon 自家製酵母 元種(酵母液70%) by pettine

で、食パンにしました。そのレシピはこれを採用。

Cpicon ホームベーカリーで自家製酵母の食パン by じゃむっこ

食パン2回、カンパーニュ1回。元種は使った後に、使った量と同じになる水分と強力粉を足して繋いでいました。なんだかんだで、1週間に4回。4斤分くらいの自家製酵母パンを作りました。

カンパーニュ

カンパーニュはバレンシアオレンジの元種、酵母液作りのオレンジかす(みじん切り)少し、干しいちじくとチアシード、麦茶の出し殻などが入っている、何でもありな感じです。いや、これがフルーティで美味しいものになりました。



まだ楽器練習などの日常に戻れてはいませんが、果物は果物の調理は家を幸せな香りでいっぱいにしますね。料理とか家事とか好きな女子的な人間では決してありませんが笑、実験工房的な生活は楽しいです笑。

About this site
つらつらとピアノ練習の話、お買物の話などを書き連ねたいと思います
About me
2004年に息子のピアノの連弾がきっかけで30年ぶりに再開したピアノ。最初はゆるゆると、最近は自分の生涯の趣味として確立しそうです。ネットショッピング、映画、絵画なども好きです。どうぞよろしく。